「ビル新聞」1911号(株式会社 ビル新聞社)に本キャンペーンの全面広告が掲載されました。